“ぼっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
51.1%
歿22.6%
18.2%
2.9%
1.5%
0.7%
0.7%
0.7%
茫然0.7%
逆上0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さあちゃん。きっとこいつはします。早くをおふきなさい。まるで顔中ぐじゃぐじゃだ。そらええああすっかりさっぱりした。
黄いろのトマト (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そうしてH氏は二週間もその苦痛を続けた後に歿せられたのですが、病院へ見舞に行き合せて氏のその悲痛な言葉を聞いた良人と私とは
婦人改造の基礎的考察 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
をならべるように、国境からった山脈が、だんだんとくなって、しまいにいすそをへ、していました。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
となって、辻に立って、前夜の雨をめしく、空をぐ、と皎々として澄渡って、銀河一帯、近い山のからの橋を町家の屋根へ投げ懸ける。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そして、眼を瞑じ珠数を爪繰って語り出したのは、仄暗い霧の彼方でと燃え上った、異様な鬼火だったのだ。
後光殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ヒュウと悲しい音を立てて、空風が吹いて通る。跡からカラカラに乾いた往来の中央を、砂烟と力のない渦を巻いて、れてひょろひょろと行く。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
と、張詰めて破裂れそうになっていた気がサッと退いて、何だか奥深い穴のような処へ滅入って行くようで、四辺と暗くなると、母の顔が見えなくなった……
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
手拭の運動につれて、圭さんの太いがくしゃりと寄って来る。鼻の穴が三角形に膨脹して、小鼻がとして左右に展開する。口は腹を切る時のように堅く喰締ったまま、両耳の方までけてくる。
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
消えてしまった後は、いつもとして考えるのである。なんでこんな景色が目に見えるのであろう。
「そうかなあ、そうかなあ」吉次は茫然として考えたが、「らは醜男で片輪者で、女に思われたことなんかない。俺らの方では想ったがな。 ...
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
平常はあまり眼に立たぬほどの切れの浅い二重瞼が少し逆上となって赤く際だってしおれて見えた。睫毛が長くを霞めている。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)