“祝宴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅくえん60.0%
いはひ20.0%
しゆくえん20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“祝宴”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)7.7%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.3%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ミンチン女史は急に歩き出しました。女史は今にも部屋から飛び出して、今たけなわな祝宴しゅくえんをやめさせてしまおうと思っているようでした。
婚礼こんれい祝宴しゅくえんがありました」と、月が話しました。
……乃公わしところ今日けふ小供ばう袴着はかまぎ祝宴いはひがあつて
來年らいねんあたりはカフカズへ出掛でかけやうぢやりませんか、乘馬じようばもつてからに彼方此方あちこち驅廻かけまはりませう。さうしてカフカズからかへつたら、此度こんど結婚けつこん祝宴しゆくえんでもげるやうになりませう。』と片眼かためをパチ/\して。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)