“あり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アリ
語句割合
69.5%
22.3%
3.3%
2.7%
在焉0.5%
0.3%
歩行0.3%
0.3%
發言0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あ、来たな。のやうにやつてくる。おい、さあ、早くベルを鳴らせ。今日はそこが日当りがいゝから、そこのとこの草を刈れ。」
どんぐりと山猫 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
借る程の者なれば油斷ならざる男なりと言れし時三郎兵衞はギヨツとせし樣子を見られしが又四郎右衞門は身代果程つた事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
やをらでゝ、ころものき、するどもかな
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
聞糺出所明らかなれば夫までの事萬一胡亂の申口ならば見世にし百兩の金を文右衞門がしと云懸て同人が所持の金子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
全勝の花冠は我が頭上に在焉。敵は見ン事鉄嶺以北に退却した。剣折れ、馬斃れ、矢弾が尽きて、戦の続けられる道理は昔からないのだ。
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
全国に出しますもんな。ば引っ張ってう。今度呼子においでたなら、そりゃよか、学校ん生徒でん何でんお迎い出すちいよる。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
あわれわれこのに処していかにせむと、手をきて歩行くなりき。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に喜八は妻を奉公に出し其給金にて請出し八十兩の金を見て不※出來心より其夜忍び入りて伊兵衞と云へる盜賊に右の八十兩をひしのまゝりけるにぞ家主は始めて是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なれどもおならばおにて、斷然目通りもやなれば此處ねかし、とでも發言て、いよ/\るまじきらば其上覺悟もあり、くまでのとしてもゆるなけれど
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
の虎狩人何とか討ち留めて高名せんと村れの高樹に上り銃を手にして見廻し居ると、夜中に一つの光が榛中を巡りく、眼を定めて善くると虎の頭に光ありて虎形が朦朧ながら見えるほどだ。
この江戸児、意気まだ衰えず、と内心大恐悦。に健康を祝そうという処だけれども、ますまい。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)