“人任”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとま50.0%
ひとまか50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“人任”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また父樣とうさまをりふしのお出遊いでに、人任ひとまかせらずは御不自由ごふじいうすくなかるべく、何卒なにとぞ其處そこまはせて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
兄さんが学問以外の事に時間をついやすのがおしいんで、万事人任ひとまかせにしておいて、何事にも手を出さずに華族然と澄ましていたのが悪いんですよ。いくら研究の時間が大切だって、学校の講義が大事だって、一生同じ所で同じ生活をしなくっちゃならないが妻じゃありませんか。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)