“ひとま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒトマ
語句割合
一間46.2%
一室25.1%
一先23.9%
人交2.0%
一捲0.8%
一巻0.4%
人任0.4%
人待0.4%
人負0.4%
他人交0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入口のをあけてへ出ると、欄干が四角に曲って、方角から云えば海の見ゆべきはずの所に、中庭をてて、表二階の一間がある。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今まで蒸熱かった此一室へ冷たい夜風が、音もなく吹き込むと「夜風に当ると悪いでしょうよ、は宜いからお閉めなさいよ、」
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
この幼年時代について思い出すがままに書きちらした帳面を一先ず閉じるために、私がもう十二三になってから、本当に思い設けずに
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
二階の広間で御馳走をして、深川でもと芸者をしていたという二人の血びきのおたけさんという女を呼んで、人交ぜしないで御酒を飲んでいましたが、やがておじいさんが太鼓をたたき
氷月と云う汁粉屋の裏垣根に近づいた時、……秋は七草で待遇したろう、枯尾花に白い風が立って、雪が一捲き頭巾を吹きなぐると、紋の名入の緋葉がちらちらと空に舞った。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の上に引きずった着物は「あびと」とえる僧衣らしい。そう云えば「こんたつ」とえる念珠手頸一巻き巻いた、かすかに青珠を垂らしている。
おしの (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
はさるべきお約束とや、までのお留守居父樣ふしのお出遊に、人任かせらずは御不自由なかるべく、何卒其處まはせて、白波浦風おもしろく
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
はなし猶更なからんをつとか馬鹿らしさよと他目にはゆるゐものからまだ立去りもせず前後るは人待えぬなるべし
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かく神経作用の鋭いものは、すなわち怜悧なるものは、目先きがよく利くため、とかく人負けするように思われる。この事も一見矛盾の感なきにしもあらぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
客座へ臨んだりなど……思えば他人交ぜなしに、しみじみと、新夫婦ふたりだけのの灯となれたのは、こよいが初めてといってもよい。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)