幼年時代ようねんじだい
私は自分の幼年時代の思い出の中から、これまで何度も何度もそれを思い出したおかげで、いつか自分の現在の気もちと綯い交ぜになってしまっているようなものばかりを主として、書いてゆくつもりだ。そして私はそれらの幼年時代のすべてを、単なるなつかしい思 …
作品に特徴的な語句
いのち のぞ うわ 洪水みず かお かたわ 可愛かわ まな たと むな とど いで こう さか いや おも なめ きわ はずか きび かえ はぐ あるい はな しず かがや しん まなこ 球乗たまの せば みぞ わざわ よご から 水漬みずつ むら ふさ はず きこ 揶揄からか 膝下ひざもと ぬぐ さから 花活はない なつ はじ ひろし いさか たく つる すさま のが やわら つら うた にわ 頓狂とんきょう 鉄槌かなづち 鍾馗しょうき たがね やすり 繋留けいりゅう 緒方おがた やみ すみ 綺麗きれい 雀斑そばかす 箪笥たんす はず まじ りゅう 立退たちの 空地あきち 面映おもは 頂戴ちょうだい 鵜呑うの
題名が同じ作品
幼年時代 (新字新仮名)室生犀星 (著)