幼年時代ようねんじだい
私は自分の幼年時代の思い出の中から、これまで何度も何度もそれを思い出したおかげで、いつか自分の現在の気もちと綯い交ぜになってしまっているようなものばかりを主として、書いてゆくつもりだ。そして私はそれら …
作品に特徴的な語句
不機嫌ふきげん 木蔭こかげ 鵜呑うの しめ 芝生しばふ 度毎たびごと 吾妻橋あずまばし 板塀いたべい 護謨ゴム すし 苗字みょうじ 睡気ねむけ 蓮華れんげ 頑張がんば 真逆様まっさかさま 硝子窓ガラスまど 茅葺かやぶき 向島むこうじま 一先ひとま 花活はない 屡〻しばしば 蓮池はすいけ あくた 寝呆ねぼ 駒形こまがた ひろし 肢体したい ばく 鍾馗しょうき 突慳貪つっけんどん 三囲みめぐり 手毬てまり 面映おもは 海老茶えびちゃ 一艘いっそう 異形いぎょう 小躍こおど 色褪いろあ 凹凸おうとつ 大川端おおかわばた 観音かんのん 迂回うかい 庇髪ひさしがみ 小止おや 仲違なかたが 皺枯しわが りゅう 居心地いごこち 海苔巻のりまき 身丈みたけ 出這入ではい 繋留けいりゅう 着換きか 鉄槌かなづち 水溜みずたま 大旦那おおだんな 早熟ませ 迷子札まいごふだ 無恰好ぶかっこう いさか 水漬みずつ 控目ひかえめ 家常茶飯かじょうさはん 硝子張ガラスば 花莚はなむしろ 緒方おがた 揷話そうわ 曳舟通ひきふねどお 球乗たまの
題名が同じ作品
幼年時代 (新字新仮名)室生犀星 (著)