“人負”の読み方と例文
読み方割合
ひとま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かく神経作用の鋭いものは、すなわち怜悧なるものは、目先きがよく利くため、とかく人負けするように思われる。この事も一見矛盾の感なきにしもあらぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)