“請負人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うけおいにん75.0%
うけおひにん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのくせ、そこはだれも行く用事のない場所であったという証言があったので、建物請負人は一文の賠償金もしはらわないというのである。
今の住宅を建てる時に、どうか天井にねずみの入り込まないようにしてもらいたいという事を特に請負人に頼んでおいた。
ねずみと猫 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
請負人は払ふべき手間を払ひ、胡魔化される丈け胡魔化してカスリを取り、労働者は皆一度にが村々へ帰ることになつた。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)