“賠償金”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばいしょうきん75.0%
ばいしやうきん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのくせ、そこはだれも行く用事のない場所であったという証言があったので、建物請負人は一文の賠償金もしはらわないというのである。
思いがけない剛敵出会して、東京者も弱った。与右衛門さんは散々並べて先方らせぬいた揚句、多分の賠償金詫言をせしめて、やっと不承した。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)