“証言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうげん50.0%
あかし25.0%
はなし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのくせ、そこはだれも行く用事のない場所であったという証言があったので、建物請負人は一文の賠償金もしはらわないというのである。
そればかりでなく、しまいには、こういう場合いつもよくある事で、ドゥーニャの弁解に召使たちが証言をしてくれました。
文字若の証言を、こうして藤吉は、先刻から黙りこくって聞いていたのだった。