“証左”の読み方と例文
旧字:證左
読み方割合
しょうさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ということは、るべきわしき妖毒が、今や金博士の性格を見事に切りしたその証左と見てもさしつかえないであろうと思う。
彼女はこの時夫の面上に現われた表情の一部分から、或物を疑っても差支えないという証左を、永く心のんだ。しかしそれは秘密であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
だが私は幾つかの具体的実例によって、読者の疑惑と誤解とをい去ろうと思う。私が列挙したこれらの法則は私の独断によるものではなく、古作品の美の真実な証左による。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)