“人待”の読み方と例文
読み方割合
ひとま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はなし猶更なからんをつとか馬鹿らしさよと他目にはゆるゐものからまだ立去りもせず前後るは人待えぬなるべし
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)