郊外こうがい
⦅一⦆ 時田先生、名は立派なれど村立小学校の教員である、それも四角な顔の、太い眉の、大きい口の、骨格のたくましい、背の低い、言うまでもなく若い女などにはあまり好かれない方の男。 そのくせ生徒にも父兄にも村長にもきわめて評判のよいのは、どこか …
作品に特徴的な語句
せえ くた 悠然やおら 親父とっ きゃつ 継母おふくろ こう 語調ものいい ちゅう 放棄ほう 画板がはん 蹲居つくなん 一同いっしょ 在宅 燈火 せい 退校ひい 何人なんびと せん 別室はなれ 気合けはい 水車すいしゃ やく 突然だしぬけ 三切みき 井堰いせき 今日きょう 体度みのこなし なん はい 八歳やつ いん たび はず はず 明日あした むめ 母親おふくろ 沈鬱ふさ ちが おそ 破綻ほころび 粛然しん 茫然ぼんやり じゃ 衣装なり たず たず 逆上のぼせ 頓着とんちゃく 一人ひとり 下闇したやみ 不実ふじつ うち 主人あるじ 二人ふたり 二切ふたき 今日こんにち 今朝けさ かさ 冷水ひやみず 別品べっぴん 十歳とお 升屋ますや 叔父おじ いな うそ 四辺あたり 土間どま ふさ 変物へんぶつ 外面そと 夜分やぶん 大夫たゆう 大尉たいい やつ ばあ うち うち やす 対手あいて 小供こども
題名が同じ作品
郊外 (旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)