“在世”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざいせい50.0%
ざいせ30.0%
あら10.0%
いた10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信玄公のご在世まで、代々武田家より社領のご寄進もあったこの山のことゆえ、もしや、ご承知もあろうかと、おうかがいにでましたしだいで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
んじけりさるにてもしきは松澤夫婦にこそ芳之助在世だに引窓たえ/″\なりしをはたいかに其日
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一人ありしれと非常よかりしが、せてもなき、その姉樣正寫にて、在世ばとしさへがたく、お前樣姉樣なればれにははれて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
へば頼母しいやうにもあり故郷るといふからしてはれますとしほるれば道理わたしでさへも乳母しもれず在世ならへるものを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)