“在郷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざいごう72.7%
ざいご18.2%
ざいがう9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丸っこい顔に、大きな眼をもった在郷の若者である。ふいに、見知らぬ女にゆり起されたので、きょろッと、その丸い眼でお甲を見つめた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
婆「えものは有りませんが、在郷のことですから焚立の御飯ぐらいは出来ます、畑物の茄子ぐらい煮て上げましょうよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見て其嬋妍さにほく/\悦び在郷ちの娘なれば漸々宿場飯盛か吉原ならば小格子か二十か三十の金を得るのがの山と陰踏をして置たるが少しばかり手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)