“小格子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こごうし66.7%
こがうし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると、いかさまがさつ屋らしく、そこらあたりの小格子遊女ででもあるのか、すこぶる安手の女で、あまつさえもう大年増です。
な遊びは小格子ってえますからね、大店は田舎者の遊ぶところだから、ばかな金をふんだくられるだけでさ、そこへいくと小格子はちょくで情があって——
花も刀も (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
さりとは思ひのほかなるもの、このあたりに大長者のうわさも聞かざりき、住む人の多くは廓者にて良人小格子の何とやら
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それはまさに、安つぽく、仇つぽく、吉原の小格子の店先を覗いた時のやうな、異樣な惡どさと、手のつけやうのない色つぽさを感じさせるのです。