“帳場格子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょうばごうし56.3%
ちやうばがうし31.3%
ちょうばこうし12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ア、お帰りで」折よく、帳場格子へ投げこまれた飛脚包みを持ちながら、和平がそこへ送りに出ると、目早く万吉がを光らせて
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もあからさまにはさず、薄暗い、冷々とした店前に、帳場格子へて、年配番頭一人帳合をしてゐる。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
運送屋の広い間口の店先には帳場格子と金庫の間に若い者が算盤いていたが人の出入りは更に見えない。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)