“廓者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くるわもの71.4%
くるはもの14.3%
さともの14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“廓者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
道の片側は鉄漿溝おはぐろどぶに沿うて、廓者くるわものの住んでいる汚い長屋の立ちつづいた間から、江戸町一丁目と揚屋町あげやまちとの非常門を望み、また女郎屋の裏木戸ごとに引上げられた幾筋の刎橋はねばしが見えた。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
道の片側は鉄漿溝おはぐろどぶに沿うて、廓者くるわものの住んでゐる汚い長屋の立ちつゞいた間から、江戸町一丁目と揚屋町あげやまちとの非常門を望み、また、女郎屋の裏木戸ごとに引上げられた幾筋の刎橋はねばしが見えた。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
このあたりに大長者だいちやうじやのうわさもかざりき、ひとおほくは廓者くるはものにて良人おつと小格子こがうしなにとやら
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その母は、おさいといって、やはり根は廓者さとものであったけれど、いわゆる仲之町なかのちょうの江戸前芸者で、名妓めいぎといわれたひとであったそうな。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)