“在方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざいかた96.3%
ざいがた3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千余人からの浪士の同勢が梨子野峠を登って来ることが知れると、在方へ逃げ去るものがある。諸道具を土蔵に入れるものがある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
在方の床下にあるものが、寺方の床下に無いといふ法は無い。知恩寺の床下からは、つい先日食べ荒したばかりの魚の骨がどつさり出た。
主人夫婦は電話で呼ばれ、訴訟上の要談で、弁護士のへ行っており、やは在方の親類に預けてある子供が病気なので、昼ごろから暇をもらって出て行き、小寿々はお座敷へ行っていた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)