“一働”の読み方と例文
読み方割合
ひとはたら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「左様なことびるに及ばん。随身のうえは、早速にも、そちに命じることがある。いわば奉公始め。弥九郎。まず一働きしてみせい」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうだ、ぼくの影法師、おまえはそんなふうにして、一働きしてきてもらいたいものだ。
重く見ておられるためです。ですから、ここであなたが一働き、織田家のためにお味方たるの事実をお示し下さるものなら、お疑いも解け、従って、あなたも私も……
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)