“壁側”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かべぎは71.4%
かべぎわ28.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“壁側”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いえ、一時わたしを始め、誰もあの壁側かべぎはに積んだ三十ばかりの総桐の箱には眼もやらなかつたのでございます。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
うちへ入ると、通し庭の壁側かべぎはに据ゑた小形のへつつひの前に小さくしやがんで、干菜ほしなでも煮るらしく、鍋の下を焚いてゐた母親が、
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
すると電燈の薄暗い壁側かべぎわのベンチに坐っていた、背の高い背広の男が一人、太いとうつえを引きずりながら、のそのそ陳の側へ歩み寄った。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
房子はようやく気軽そうに、壁側かべぎわ籐椅子とういすから身を起した。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)