魔術まじゅつ
ある時雨の降る晩のことです。私を乗せた人力車は、何度も大森界隈の険しい坂を上ったり下りたりして、やっと竹藪に囲まれた、小さな西洋館の前に梶棒を下しました。もう鼠色のペンキの剥げかかった、狭苦しい玄関には、車夫の出した提灯の明りで見ると、印度 …
作品に特徴的な語句
ねじ やわらか うしろ えみ かさ あらわ 一所ひとところ 仮綴かりと かんむり 壁側かべぎわ 夜話やわ ゆか のち おもむろ しん ひし すわ もら りょう 王様キング さか 精霊せいれい 葉巻はまき 難有ありがと 頓着とんちゃく 仕掛しかけ にわか 元手もとで はじめ 刹那せつな 剛情ごうじょう すす 勿論もちろん におい 印度インド 口髭くちひげ 呆気あっけ 呼鈴よびりん くわ 喝采かっさい あざけ うずたか 大森おおもり 大様おおよう 嫌々いやいや 家作かさく 容子ようす たず あと 御泊おとま 心棒しんぼう 愛想あいそ 感嘆かんたん 折角せっかく ほう 拍子ひょうし はさ 挨拶あいさつ てのひら 提灯ちょうちん もた 時雨しぐれ 暖炉だんろ 暫時ざんじ ふだ 梶棒かじぼう 椅子いす たて 標札ひょうさつ 横柄おうへい ゆが 気色けしき 永々ながなが 派手はで 火傷やけど ほのお 無躾ぶしつけ 燐寸マッチ 狡猾こうかつ 独楽こま 甲斐かい だま またた わたし 竹藪たけやぶ ほうき ふち 羽目はめ ひじ 肝腎かんじん