“壁間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へきかん57.1%
かべ35.7%
かべま7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時国の話によると主人は絵かきだということで、下にも二階にも、壁間に怪しげな油絵の額が沢山かかっていた。
夏の夜の冒険 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
一隅には、座蒲団を何枚も折りかさねた側に香立てをえた座禅場があります。壁間には、鳥羽僧正漫画を仕立てた長い和装の額が五枚かけ連ねてあります。
崩れ落ちた壁間をのぞくと、そこらいちめん、ぞっとするような白蟻の巣で、五ぐらいの長さの白蟻の子供が、白いネバネバしたものを吐きながら
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)