“鳥羽”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鳥羽”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.6%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
壁間かべには、鳥羽とば僧正そうじょう漫画まんがを仕立てた長い和装わそうの額が五枚ほどかけ連ねてあります。
ところが、海口かいこうまで来てみると、嘉隆のひきいる鳥羽とばの水軍は、急に方向をかえて、沖へ走り出している。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)