“とば”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トバ
語句割合
賭場47.1%
鳥羽29.0%
18.1%
1.4%
騰波1.4%
0.7%
0.7%
賭博0.7%
鳥波0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨夜は矢來の酒井樣の賭場で、宵から張り續け、尻の毛まで拔かれるほど取られて、夜半に歸つて來ると、出逢ひ頭に曲者と鉢合せを
俊寛は、ふと鳥羽で別れるとき、妻の松の前から形見に贈られた素絹の小袖を、今もなおそのままに、持っているのに気がついた。
俊寛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
と云いながら多助の胸ぐらを取り、力に任せて突きす。突かれて多助はひょろ/\と横に倒れかゝりましたが、やっと踏みえながら
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
貴方の国では、闇の事をマーヤのりだなぞとは云ひませんか?」
アリア人の孤独 (新字旧仮名) / 松永延造(著)
騰波は暮にけり
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
と、空から高くわる声。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
むといいたげないろをめっきり川面へただよわせてきているすみだ川の景色もきょうばかりは曇り日のよう暗く見えた。ホンノリとした青空さえが、果てしらぬ灰いろのりかと感じられた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「兎も角も、明日行つて見よう。本當にお時が盜つたのなら、右から左へ、賭博や吉原へ持つて行つてバラく氣遣ひはない」
大串から續いた館大寶は、西は平沼(後の大寶沼)東は鳥波に挾まれて、唯「」と呼ばれた頃らしい、黒鳥なにがしの築いた城は島の城と呼ばれたといふ口碑はあるけれど
筑波ねのほとり (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)