岡本一平論おかもといっぺいろん――親の前で祈祷――おやのまえできとう
「あなたのお宅の御主人は、面白い画をお描きになりますね。嘸おうちのなかも、いつもおにぎやかで面白くいらっしゃいましょう。」 この様なことを私に向って云う人が時々あります。 そんな時私は、 「ええ、いいえ、そうでもありませんけど。」などと表面 …
作品に特徴的な語句
うま おわ がわ くら あく むすこ いちじ 一隅はじ むこ はた とおざ おぼ 上皮うわべ つか くわだ それ めず かわ 白痴はくち あた くつ 一味ひとあじ 歓喜かんき よう ふう すま かわ 今尚いまなお 遺墨いぼく ため すべ わか 狡猾ずる むか とびら かか 生来せいらい 壁間かべ 虚飾きょしょく 大酒おおざけ 往来おうらい 家人かじん たくみ にが 沈潜ちんせん 沈鬱ちんうつ 活躍かつやく 淡白たんぱく 混然こんぜん 滋味じみ 滑稽こっけい 漫画まんが 漱石そうせき ようや 濫費らんぴ 無智むち 無茶むちゃ 無頼ぶらい しか 煙草たばこ 独歩どっぽ 玄関げんかん 理智りち 画面えづら 痴情ちじょう くせ 目下もっか そう 相応ふさわ 知己ちき 破綻はたん 祈祷きとう すみ 辞令じれい 辿たど 近来きんらい かえ 這入はい 連珠れんじゅ 逸話いつわ 遊蕩ゆうとう 鈍重どんじゅう 長唄ながうた 阿諛あゆ 陶酔とうすい 風発ふうはつ