岡本一平論おかもといっぺいろん――親の前で祈祷――おやのまえできとう
「あなたのお宅の御主人は、面白い画をお描きになりますね。嘸おうちのなかも、いつもおにぎやかで面白くいらっしゃいましょう。」 この様なことを私に向って云う人が時々あります。 そんな時私は、 「ええ、いい …
作品に特徴的な語句
詰問きつもん 面倒めんどう 催促さいそく 諫言かんげん 粗末そまつ 遊蕩ゆうとう 後姿うしろすがた 沈鬱ちんうつ 巻煙草まきたばこ 玄関げんかん 不恰好ぶかっこう 濫費らんぴ 杜絶とだ 三馬さんば 諷刺ふうし すぐ 阿諛あゆ 小供こども 無頼ぶらい 座右ざゆう 露骨ろこつ 逸話いつわ 一体いったい 光明こうみょう 生来せいらい 懸命けんめい 近来きんらい えん 壁間かべ 痴情ちじょう 歓喜かんき 目下もっか 元来がんらい ぞく 一味ひとあじ 大金持おおがねもち 夏目漱石なつめそうせき 無茶むちゃ 容態ようだい 家人かじん 緑雨りょくう 超然ちょうぜん 修業しゅぎょう 僧正そうじょう 宝玉ほうぎょく 滋味じみ 米琉よねりゅう 虚飾きょしょく 鈍重どんじゅう 分泌ぶんぴつ 大酒おおざけ 貫目かんめ 淡白たんぱく 上皮うわべ 独歩どっぽ 虚無きょむ 仁左衛門にざえもん 一升いっしょう 哀惜あいせき 寡欲かよく 今尚いまなお 姦計かんけい 活躍かつやく 雑然ざつぜん 席亭せきてい 漫画まんが 妬情とじょう 寛容かんよう 強要きょうよう 画面えづら