“独歩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どっぽ83.3%
どくほ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“独歩”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 漫画 挿絵 童画33.3%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
八年前余は独歩どっぽ嵐山から高尾に来た時、時雨しぐれに降られて、梅が畑の唯有とある百姓家にけ込んでみのを借りた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
その頃の氏の愛読書は、三馬さんば緑雨りょくうのものが主で、その独歩どっぽとか漱石そうせき氏とかのものも読んで居た様です。
学問もない、見識もない、自分の事業に関する経験や智能のない、大局の見えない彼等と比べて見ては、俺はたしかに独歩どくほの出来る才人さいじんであるとも云ひ得られる。
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)