“金丸商店”の読み方と例文
読み方割合
かねまるしやうてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旦那徐羣夫田舍大盡忘其郡邑矣、とあるから何處のものともれぬが、ずるに金丸商店仕入れの弗箱背負つて、傲然へる人體
画の裡 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)