歯車はぐるま
一レエン・コオト 僕は或知り人の結婚披露式につらなる為に鞄を一つ下げたまま、東海道の或停車場へその奥の避暑地から自動車を飛ばした。自動車の走る道の両がわは大抵松ばかり茂っていた。上り列車に間に合うかどうかは可也怪しいのに違いなかった。自動車 …
作品に特徴的な語句
さが 人気ひとげ おう まだ つく あが あらわ したし そびや 先達せんだって 瑞典スウエデン ぜん 現世げんぜ 洒落しゃ 曹達ソオダ かえ ゆら あるい 如何いかが 鼹鼠もぐらもち のが またが うご せい 白張しらは なお ため みぞ やみ 春秋しゅんじゅう あわただ のち 妄想もうぞう わき にわ 侏儒しゅじゅ おわ おごそ のぞ 痴呆ちほう かぶと いた 盗人ぬすびと 目近まぢか 目金めがね まぶた まぶた 硝子ガラス 硫黄いおう すずり ろく 祈祷きとう かまど 竜燈りゅうとう せん 紙屑かみくず 羅馬ローマ 聯想れんそう くちびる 膏薬こうやく ひざ にかわ 良秀よしひで 芭蕉ばしょう 苛々いらいら 苛立いらだ にな つぼみ 莫迦ばか こうむ 薔薇ばら にじ うじ 蜥蜴とかげ かに たたず うなず かね 金鈕きんボタン ボタン ひらめ 阿呆あほう 隻脚かたあし 亀裂ひび かばん 頬笑ほほえ 頬髯ほおひげ 麒麟きりん 鳳凰ほうおう からす うろこ 黒子ほくろ
題名が同じ作品
歯車 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)