“嘉十”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かじゅう80.0%
かじふ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこらがまだまるっきり、丈高い草や黒い林のままだったとき、嘉十はおじいさんたちと北上川の東から移ってきて、小さな畑を開いて、をつくっていました。
鹿踊りのはじまり (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
文「そりゃア困ったなア……これ嘉十手前も一緒にけ、二人に怪我をさしては成んねえから、も直ぐに行くだから、手前長く奉公して世話に成ったから一緒にけ」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「こいづば鹿でやべか。それ、鹿」と嘉十はひとりごとのやうにつて、それをうめばちさうのきました。
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
ところがつたとき、嘉十はさつきのやすんだところに、手拭れてたのにがつきましたので、いでまたしました。
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)