鹿踊りのはじまりししおどりのはじまり
そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあひだから、夕陽は赤くなゝめに苔の野原に注ぎ、すすきはみんな白い火のやうにゆれて光りました。わたくしが疲れてそこに睡りますと、ざあざあ吹いてゐた風が、だんだん人のことばにきこえ、やがてそれは、いま北上の山の …
作品に特徴的な語句
がは もご うな なが 蝸牛なめくづら いぎ おど なゝ うへ くぢ そご おほ あじ まへ かは しづ かへ には おこな あひだ にほひ はう かほ そゝ いたゞき 四方しはう 一遍ひとがへり すは 山脈さんみやく まは まつた こは つの いそ れつ こげ 鹿踊しゝおど ちゞ あぶ ふゑ 竿さを しは 太陽たいやう みづうみ ほん こゑ 気付きつ うだ 青白あをじろ 一度いちど おど 手拭てぬぐひ ふう 精神せいしん かゞみ すゝ かへ をど かた 証拠しようこ きこ みゝ かゝ 番兵ばんぺ あたま 水晶すゐしやう おと 決心けつしん ひら なほ あは 竿立さをだ こずゑ ひき
題名が同じ作品
鹿踊りのはじまり (新字新仮名)宮沢賢治 (著)