“御嘉賞”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごかしょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御嘉賞”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
功成り名を遂げた信秀ならともかく、朝廷から御嘉賞ごかしょうの勅使が、那古屋なごやへ下ってみると、信秀はその頃ちょうど美濃攻めの激戦に大敗して、わずか数騎と、身をもってのがれ帰って来たというような——惨憺たる悲境の際だったのである。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)