“木綿袷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もめんあわせ83.3%
もめんあはせ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが、一同の鼠いろの木綿袷に浅黄の袴、足半という古式の脚絆をはいているところ、今や出師の鹿島立ちとも見るべき仰々しさ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
膝の抜けかゝった盲縞の股引に、垢染みた万筋木綿袷の前をいくじなく合せて、縄のような三尺を締め、袖に鉤裂のある印半纏引掛けていて
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
をひろひて山よりかへりしといふ娘を見るに、髪は油気もなくまろめつかねたるをにてひ、ふるびたる手拭ひにて頭巻をなし、木綿袷づきたるがなみより一尺もみじかきに