“邑久郡”の読み方と例文
読み方割合
おうくのこおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でも、さすが馬の疲れに、五郎は目的の邑久郡今木(現・今城)までくると急に歩速をゆるめ、やがて向山の今木城のうちへ入った。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わずかに、邑久郡今木と、熊山の山間に、旧領の一部と、少数な部下を持っているにすぎない落魄の武士だった。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)