“邑里”の読み方と例文
読み方割合
ゆうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皇祖天皇が始めて御遷りなされた時には、すでにそれ以前からの来住者の、邑里し各々首長を戴いている者が少なくなかった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
往反ノ者ノ路ニラザルハナシ矣、ノ俗天下ニ女色ヲヒ売ル者、老少提結シ、邑里相望ミ、舟ヲ門前にギ、客ヲ河中ニチ、キ者ハ脂粉謌咲シテ以テ人心ヲハシ
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
大風颯々たる、怒濤澎湃たる、飛瀑※々たる、あるいは洪水天にして邑里蕩流し、あるいは両軍相接して弾丸雨注し、艨艟相交りて水雷海をかすが如き、皆雄渾ならざるはなし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)