“ゆう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユウ
語句割合
21.2%
15.1%
13.1%
8.2%
6.5%
6.5%
5.7%
3.7%
2.4%
2.4%
2.0%
1.6%
木綿1.6%
1.6%
1.2%
1.2%
0.8%
0.8%
0.8%
0.4%
夕飯0.4%
木棉0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわちすなわちと考えられていた。かかる時代にはよしや動物性が混じ、匹夫以上にらずとも、それがかった。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
やがて夕方になりました。松蝉きやみました。からはもやがひっそりとれだして、にひろがっていきました。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
帰朝後の三年もまた不愉快の三年有半なり。去れども余は日本の臣民なり。不愉快なるが故に日本を去るの理由を認め得ず。
『文学論』序 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
と思うと——ほどはにあるが、ウワーッと上へひろがって、白い腋毛が見えたから、びっくりしたお小姓とんぼ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
転じて大阪(中の島)の監獄にせらるるや、国事犯者として、普通の罪人よりも優待せられ、未決中は、伝告者即ち女監の頭領となりて
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
九度山の真田幸村などは、そのなるものであろう。幸村へは平時においても、大坂城の秀頼から、からぬ金力が密かに送られていたという。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼はこういいながら一すると私を促すので、私も高橋警部と林田にあいさつしながら、部屋を出た。
殺人鬼 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
諸王の為にに謀る者を誰となす。曰く、諸王のを燕王となす。燕王のに、僧道衍あり。道衍は僧たりとも、灰心滅智羅漢にあらずして、ってれ好謀善算の人なり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
松が小島、離れ岩、山は浮世を隔てて水はえに清く、漁唱菱歌煙波縹緲として空はさらになり。倒れたる木に腰打ち掛けて光代はしばらく休らいぬ。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
「つめたいのより熱いおで絞った方がええことおへんか」
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
慈といい、孝といい、といい、というが如き、即ちこれにして、これを総称して人生居家の徳義と名づくといえども、その根本は夫婦の徳にらざるはなし。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「片言もってむべきものは、それか」などという孔子の推奨の辞までが、大袈裟尾鰭をつけてく知れっていたのである。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
となれなれしく書いた浅緑色の手紙を、木綿をかけ神々しくした枝につけて送ったのである。中将の返事は
源氏物語:10 榊 (新字新仮名) / 紫式部(著)
だから貧時にはせられ、富時にはに縛せられ、憂時にはに縛せられ、喜時にはに縛せられるのさ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その部屋というのは、穴倉へ降りる階段に通じていて、みなが穴倉のと呼んでいるのである。夏は涼しくて気持のいい部屋だ。猟の獲物は、そこへ置くとに一週間はもつのである。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
「十室の、必ず忠信がごとき者あり。丘の学を好むにかざるなり。」という師の言葉を中心に、子貢は
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
夜、燕王、張玉を中軍に、朱能を左軍に、陳亨軍に、丘福を騎兵に将とし、馬歩十余万、黎明く河を渡る。南軍の瞿能父子、平安等、房寛の陣をいて之を破る。張玉等を見て懼色あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
竹田がに郊外に遊んだ秋琴とは誰か。恐くは秋琴であらう。名は半圭諸熊氏、通称は作大夫である。長崎の波止場に近い処に支那風の家を構へて住んでゐた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
武男君」は悲しんだ事、片岡中将が怒ってを引き取った事、病女のために静養室を建てた事、一生の名残に「浪さん」を連れて京阪をした事、川島家からよこした葬式の生花を突っ返した事
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
あるひは言ふ水中にあつて卒中症を発したるならんと。時に年四十三なり。その中村氏は南畆先生が外姑後裔なり。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
おしゃるよ——ああそうで、へえ、明日はお帰り遊ばすンで。へえ、帰ると申しますと、ね、奥様、お夕飯のしたくもございますから、わたくしどもはお先に帰りますでございますよ
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
花やの葉のような自然物を、しでで目じるしとする場合はそうであるまいが、木棉・麻・帛・白紙の類を用いるときには、シデとヌサとは混同し、また時としては兼用せられた。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そのうちわたくしは富士川さんに種々の事を問いにった。富士川さんがこれに答えた中に、京水の墓は常泉寺のにあるという事があった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
李時珍曰く〈その類数種あり、小にして尾短きはなり、猴に似て髯多きはなり、猴に似て大なるはなり。大にして尾長く赤目なるはなり。小にして尾長く仰鼻なるはなり。
として冬、川をるがごとく、として四隣をおそるるがごとく、としてそれ客のごとく、としてのまさにけんとするがごとく、としてそれのごとく、としてそれ谷のごとく
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
片手にはさむ額髪
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
而るを誰とにか之をえん。且つその人をくるの士に従わんより、豈に世をくるの士に従うに若かんやと。してまず。子路行きて以て告ぐ。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)