『文学論』序『ぶんがくろん』じょ
余はこの書を公けにするにあたつて、この書が如何なる動機のもとに萌芽し、如何なる機縁のもとに講義となり、今また如何なる事故のために出版せらるるかを述ぶるの必要あるを信ず。 余が英国に留学を命ぜられたるは明治三十三年にて余が第五高等学校教授たる …
作品に特徴的な語句
とこ きわみ むかっ つづ おとの かの あげ 退しりぞ まぬ 出会しゅっかい 向後きょうご ゆう あが こい くわだ ただし けん はん 取計とりはからい はば 足下そくか かろ さえ ひるが 仏語ふつご まさ すべ つと めい おおい すで てい ろう 彼土かのち のち ちょう ほしいま わたくし きゅう あた 茫乎ぼうこ ただ かよ のぼ 二夏ふたなつ 作物さくぶつ 依嘱いしょく 倫敦ロンドン いつわ 博洽はくこう おろ かな 吐呑とどん 否応いやおう あじわ もと 墨汁ぼくじゅう 好悪こうお 孤燈ことう 寂寞せきばく もっと 建立こんりゅう 徂徠そらい 徘徊はいかい さと 所以ゆえん えら 披瀝ひれき ひら 摯実しじつ 斯道しどう かた 時日じじつ 書肆しょし 服膺ふくよう きた はて よこた 欣慕きんぼ あざむ ごう みなぎ すす 煤烟ばいえん わずら 狼群ろうぐん よし 疑団ぎだん 研鑽けんさん きわ うかが