“居家”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“居家”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 家族問題・男性・女性問題・老人問題1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
慈といい、孝といい、ていといい、ゆうというが如き、即ちこれにして、これを総称して人生居家きょかの徳義と名づくといえども、その根本は夫婦の徳にらざるはなし。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ただに法律に問わざるのみならず習俗の禁ぜざる所なれば、社会の上流良家の主人と称する者にても、公然この醜行を犯してずるを知らず、即ち人生居家きょかの大倫をみだりたるものにして
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)