“漕刑場”の読み方と例文
読み方割合
そうけいじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その壁紙は、ルイ十四世の漕刑場でこしらえられたもので、王の情婦のためにヴィヴォンヌ氏が囚人らに命じて作らせたものだった。
「なに! なんだ! 隠語だと! 隠語とはひどい。それは漕刑場や徒刑場や監獄など、社会の最も恐ろしい方面で話す言葉ではないか。云々、云々。」
十八世紀では、漕刑場や徒刑場や監獄などのほとんどすべての中に、のような悪魔的な快活さが見えていた。