“鬼瓦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おにがわら88.9%
おにがはら11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折しも秋の末なれば、屋根にひたる芽生、時を得顔に色付きたる、そのより、鬼瓦の傾きて見ゆるなんぞ、戸隠故事も思はれ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
この門をよく見直すと、左右に門番があって、屋根は銅葺破風造り、鬼瓦の代りに撞木のようなものが置いてあります。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「妾のお關だよ、——お關は雪五郎との間を割かれて、鬼瓦のやうな勘兵衞の儘になり、つくづくこの世の中がイヤになつて、憎い勘兵衞と一緒に死ぬ氣になつたんだ」
庭に降りて昨夜勘七の刺された場所を見て、そこから一間ほど先にある庭木戸の輪鍵の具合などを見てゐると、主人の宗助は揉手などをしながら後ろから鬼瓦のやうな顏を出すのでした。