“鬼子母神”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きしもじん63.2%
きしぼじん36.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しながら思うに、大正元年の秋、英一がまだ十歳なりける時、大西一外君に誘われて我と共に雑司鬼子母神に詣でしことあり。
伊右衛門はますます恐れて雑司ヶ谷鬼子母神などへ参詣したが、怪異はどうしても鎮まらないで女房が病気になったところへ、四月八日
四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
東京天王寺にて菊の花片手に墓参りせし艶女、一週間思いしが指つきを吉祥菓鬼子母神に写してはと工夫せしなり。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
うかとけて、あちこち、伽藍に、鬼子母神御寺はとけば、えゝ、石榴御堂でせうと、めながら。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)