四谷怪談よつやかいだん
元禄年間のことであった。四谷左門殿町に御先手組の同心を勤めている田宮又左衛門と云う者が住んでいた。その又左衛門は平生眼が悪くて勤めに不自由をするところから女のお岩に婿養子をして隠居したいと思っていると、そのお岩は疱瘡に罹って顔は皮が剥けて渋 …
作品に特徴的な語句
さき げじょ 結局あげく さん じぶん むすめ そめ さま 平生ふだん 小男げなん ひさし 妖怪ばけもの 容貌きりょう 嫌厭けんお 扶持ぶち 数多たくさん ばか 金杉かなすぎ しば うみ やしき かか まと つな 酒宴さかもり ひど ねずみ 真似まね 長櫃ながびつ なお 霍乱かくらん 黄昏たそがれ きず 疱瘡ほうそう 狂人きちがい もと 某日あるひ 覚助かくすけ のぞ 衣服きもの 行灯あんどん ことば 賄賂わいろ やぶ 蒲団ふとん たち 贔屓ひいき きく 赤坂あかさか 茂助もすけ あたり はな 博奕ばくち 塩町しおちょう 地爐いろり 地位みぶん うわさ とが 同腹ぐる 吉原よしわら 又市またいち 参詣さんけい いや わか 医師いしゃ 剃刀かみそり 内証ないしょ 元禄げんろく そば 介錯かいしゃく 挨拶あいさつ 歿 しら 下谷したや 昨夜ゆうべ なぐ 摂州せっしゅう つか 火箸ひばし 悪竦あくらつ 怨念おんねん 庖厨かって いわ むし なだ めと めかけ 夜叉やしゃ