“又市”の読み方と例文
読み方割合
またいち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皆が困っていると、下谷金杉小股潜又市と云う口才のある男があって、それを知っている者があったので呼んで相談した。又市は
四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
又市様と云う若殿様は上州高崎へ引取られ、大音龍太郎と云う人のため故なく越度もなきに断罪で、あとで調べて見ると斬らぬでも宜かったそうであります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
又市、又市」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)