“以下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いか95.2%
しも4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
説明してもよいものがある。しながら、一應はざつとした註釋はへることにする。以下うてんでく。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
も、加州金石から——蓮如上人縁起のうち、おどしの道場吉崎小女郎三國つて、百噸以下汽船はあつた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
御中主の神より以下日子波限建鵜草葺不合よりを上つ卷とし、神倭伊波禮毘古の天皇より以下、品陀の御世より前を中つ卷とし、大雀皇帝より以下