“回轉”の読み方と例文
新字:回転
読み方割合
くわいてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し、各々その仕事專念なるは』と公爵夫人咳嗄れた銅鑼聲つて、『世界よりもかに回轉します』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
社會は一回轉した。各個人極端生命んじ財産ぶ、都市は十發達して、魁偉なる建築公衆威嚇する。科學進歩する。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
一個あり、車臺して、右手柄子つて旋廻輪しつゝ、徐々足下踏臺むとへられたる號鈴器はリン/\として、下方軸盤かに回轉むると