“米磨汁”の読み方と例文
読み方割合
とぎじる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それが、……赤斑もあれば、死顔は痴呆のよう。下痢したものは、米磨汁のようで、嘔吐たものは茶色をしております。どう見たって、虎列剌に違いねえので……」
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
赤斑も出れば、痴呆面にもなる。手足の硬直譫言、……米磨汁のようなものをし、胆汁を吐く。息はまだ通っているのに、脈はまるっきり触れない。……なにもかにも同じなんだ。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)