“くづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クヅ
語句割合
53.1%
21.8%
12.9%
6.1%
2.7%
2.0%
0.7%
遺屑0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四谷りへ食料しにて、煮染屋つけて、れた壁泥いのをんで飛込んだが、あての昆布佃煮もない。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
これは二里ほどの山奥から海軍貯炭場へ石炭を運び出す車力の軌道であつた。道路には石炭がいつもこぼれ散らかつてゐた。
ある職工の手記 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
突然のやうに、眼の前の大きな邸宅が大砲か爆弾に破壊されて、煉瓦や鉄筋コンクリイトが、ばらばらにれて落ちて来た。
大凶の籤 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
ともすればれやうとする膝を掻き合はせては少しづつ身を進ませて、汗を拭いて、一生懸命になつて聽き入つて居る。
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
根方れて大鰻ねたやうな幾筋ともなくはれた、から一ちて、れるのが、つてまうとする真中流出してあたりは一
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
判然しないから、風呂場へつて、で顔をいてると云つて立つた。下女がのするを、に入れてつてた。代助はの尾をぶらげて、りにいでた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
私にまた先程のやかな昂奮が歸つて來た。私は手當り次第に積みあげ、また慌しくし、また慌しく築きあげた。しく引き拔いてつけへたり、取り去つたりした。
檸檬 (旧字旧仮名) / 梶井基次郎(著)
〔落つる物〕食物の遺屑。これを集めて食するは、未だ聖徒と伍せざるさきに、あり餘る天上の福の一部を味ふなり(『コンヴィヴィオ』一、一・六七—七七參照)
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)