“つひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツヒ
語句割合
40.2%
31.0%
10.5%
6.3%
3.3%
2.5%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
不思0.4%
0.4%
0.4%
末終0.4%
畢竟0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にロチスター氏の所へ來ると、彼女は、爪先で、彼の前で身輕くくる/\まはり、それから、彼の足下に片膝をついて、云つた——
すると両方へどこからともなく他の悪魔が来て、加勢するものですから、その喧嘩が愈々大きくなり、に戦争になつてしまひました。
悪魔の尾 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
唯その人を命として、も有らず、家も有らず、何処野末にも相従はんと誓へるかの娘の、に利の為に志を移さざるを得べきか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そつとさし置たち出しが又立もどり熟眠せし其顏熟々打ながめ偶々此世で親と子に成ししも斯ばかりりぞ情なし然どを抱へては親子がゑ死に外になきまゝに可愛我が子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あなたは前後八ヶ月の日子やして思ひ立つた翻譯を成就したとつて長きに驚ろかれるやうだが、私はつて迅速なのに感服したいのです。
『伝説の時代』序 (旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
腫物の上に貼置けるに其亥刻頃より痛む事甚だ曉方に成て自然の出る事夥多敷暫時有てれたる如くければ少しづつかし見るに是迄寢返りも自由に成ざりし足が
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
探検て得たる利益の大要をすれば左の如し。
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
紐育のあるペンキ商店での出来事だ。——ある日主人が店のへ出て来ると、多くのペンキ缶のなかに、たつた一つぞ自分の店で取扱つた事の無いペンキ缶が転がつてゐる。
偶〻藤床上、淵明の詩あるを見、因て取りて之を読む。欣然会心、日に暮れんとし、家人食に呼ぶも、詩を読むに楽く、夜に至つてに食に就かず。今之を思ふに、数日前の事の如く也。
一人は妻なるべしするほどの年輩にてこれは実法に小さき丸髷をぞ結ひける、病みたる人は来るよりやがて奥深に床を敷かせて、り枕にを落つかせけるが
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
先月中より永々の病氣にて臥居中々長庵方などへ參り候事是無く勿論先月中一兩度も近所の事故藥取に參り候が其時の事にて有りしが候故不思
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いつける愛の金堂ここに
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
裁判官でに、王樣がなされました。王樣き、如何にも不愉快さうにえました、それのみならず、それはしも似合ひませんでした。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
嗟呼、既に己の恋は敗れに破れたり。知るべからざる人の恋の末終如何ならんかを想ひて。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いづれか畢竟主人なるべき、を留めて吾が主と仰ぎ、賊を認めて吾が子となす、其悔無くばあるべからず、恐れ多けれど聡明匹儔無く渡らせたまふに、凡庸も企図せざるの事を敢て為玉ひて
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
蟋蟀堂にあり、歳にそれれぬ 国風
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
泡沫さです。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)