“なだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
51.5%
雪崩19.3%
10.7%
5.2%
1.9%
1.9%
1.7%
1.3%
1.1%
1.1%
慰撫1.0%
1.0%
灘酒0.4%
雪頽0.4%
名立0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
那吒0.2%
雲崩0.2%
頽雪0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
濱町の家では、お富と徳之助が、平次に言ひめられら、事情を知らない乍らも、何やら吉報らしいものを待つてゐることでせう。
外で揉み合っていた連中は一時に小屋の中へ雪崩れこんだ。お芳も逃げるに逃げられないで無慙羞恥を大勢のうしろに隠していた。
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「小三郎さんの自慢の脇差ですよ。何んとか言ふ船頭が、遠州で海坊主を斬つた脇差ですつて、多分小三郎さんの父さんのでせう」
しかるになんぞらん、開会の始めにあたり上院にその人ありと聞こえたルート氏が座長ばれた。この人の手腕でも出席者の昂奮め得ないであろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
と山三郎は種々めて、此の場は漸く穏かに納まりましたが、武士はこそっぱゆくなったと見えまして、夜中にこそ/\と立って仕舞った。
ああ東京の街! 右から左から、刻一刻に滿干する人の潮! 三方から電車と人がれて來る三丁目の喧囂は、がら今にも戰が始りさうだ。お定はもう一歩も前に進みかねた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
め/\行つた八さんが、往來で私を捕まへて、そりや變な事ばかり言ふんですもの、間の惡さといつたら
いよいよ下降する石畳から、壊はされた黒いの扉口からだ。ざんざんとれこむ躁擾からそれら卑少の歴史から、虜はれの血肉をみづから引き剥して、己は三歳の嬰児だ。
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
しかし、一方小六を、どんなにかめすかしても、彼はくのみで、一言も口にはしないのである。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
いろいろめたりしたりしていたが、それから何日たっても、あの方からは音信さえもなかった。
かげろうの日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「あなた今夜は昂奮している」と自分は慰撫めるごとく云った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
(前略)鹿島の神宮にで候へば、つい鹿島のに致し難く、すでに鹿島洋に出でて、その豪宕なる海と、太古さながらの景を見るうちに、縁あつて陸奥の松島まで遊意飛躍り候事
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
川に臨んで白堊造の土蔵の見える処に来たのは、其日の午後であつた。此処には有名な白味淋の問屋があつた。酒も灘酒に匹敵するやうなのが出来た。
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)
そうして先を争う蛆虫の大群のようにゾロゾロウジャウジャと入口の方向へ雪頽れ初めた。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
奥方は名立たる美人で、賢明の聞えが高いのに、当主は凡物で、そうして愚図に近いこと——その凡物で、愚図に近い夫を、長い間
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
して、この附近で名立たる大滝を見て行こうじゃないか、高さ三千尺、飛騨の国第一等の大滝が、これから程遠からぬところにあるそうだ、それをひとつ見物して、明朝出立のことにしたらどうだ
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
軍楽不安れ落ち、に入る
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
仇なる畜生めと病の中に父の腹立此怒りをめんにもより外の事もなく心さにや先昔は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と、平七は家内をめておいて、ニヤリと笑ひつゝ父の顏を見た。
父の婚礼 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
らかな傾斜となって、霧の中へ、するすると登っている、登山客の脱ぎ捨てた古草鞋が、枯ッ葉のように点を打って、おのずと登り路のとなっている、路傍の富士薊の花は
雪中富士登山記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
六尺、五尺、四尺、ああに立留った。女は媚笑を見せて巡査に雲崩れ掛りそうな姿勢をしながら云い出すのであった。
偽刑事 (新字新仮名) / 川田功(著)
本堂の中は真暗闇となって、聞こゆるものは砂ほこりの畳に頽雪るる音ばかりとなった。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)