銀河まつりぎんがまつり
人国記にいわせると、由来、信州人は争気に富むそうである。それは、他国人に比を見ない精悍熱情な点を称揚したようにも受けとれるが、実は狭量だという意味にもひびく。またこの国が、古来からすぐれた人材を輩出していながら、まだ一人の天下取りも出してい …
作品に特徴的な語句
きたね だいら 火光 びた めいめい 書物あいつ きれ もぐさ 技術わざ かむり 象山しょうざん 獅子じし とも 書物ほん ねじ 目的あて かしこま けん 生乾なまび 腕力うで はず おびや 羞恥はじ おだ 繭買まゆか ぐすり 木炭きずみ 放縦ほうしょう じゃ ふくろ だて 戸外おもて いくさ よし なら 温泉 退 すく のぼ 銀河あまのがわ 外殻から ふん 三尺さんじゃく かみ 真紅しんく 高社たかやしろ かわ すがた 科白ぜりふ きたな 男女ふたり かんむり 出端ではず かわ つら かす 竹樋たけとい 燈火ともしび おごそ かみなり 口紅べに 雪崩なだ ちが いじ 硫黄いおう 糾合きゅうごう 素縄すなわ こわ 蕭殺しょうさつ 精悍せいかん 秋帆しゅうはん むしろ 蒐集しゅうしゅう しま たもと 葉叢はむら くじ 莫迦ばか ののし はかり 草叢くさむら にが こうがい 胴服どうふく あぶら